農作物販売向けCROP

調理法なども伝えよう!農作物関連ビジネスのWeb、DTP活用術

農作物販売向けのWeb、DTP、動画活用のポイント!

近年、農作物のネット市場が大きく拡大しています。
農家直送、産地直送という手法で、直接自宅に届くようなシステムを確率し、販売している業者が増えているという事も理由の一つです。

既に訪れている少子高齢化、食へのこだわりなどを考えると、今後、更に市場が発展していく可能性を秘めています。
また、海外に向けての販売も大きな可能性を秘めています。
中国などでは日本の米や野菜、果物などはブランド品として扱われており、富裕層に非常に人気を集めています。このようなところに着目して、海外への販売を視野に入れるというのも良いでしょう。
日本全国、海外に向けても販売できるという観点から見れば、ネット上での販売が一番効率的で費用対効果が高いと言えるでしょう。

農作物販売向けのWeb、DTP、動画活用のポイント!

農作物販売向けのWeb、DTP、動画の活用方法

・ホームページを作る

・ショッピングサイトを作る

・ネット市場で出店する

・SNSを利用する

・ブログを利用する

・リスティング広告

・DM、メルマガ

・チラシを利用する(ポスティングや新聞織り込み)

・パンフレットを作る

・リーフレットを作る

・店舗紹介動画

主に上記のような方法があります。
ホームページへはスマホからのアクセス増加が予測されるため、スマホにも対応したホームページ制作を意識しましょう。

農作物販売向けの
Web、DTP、動画などを制作する前のチェックリスト

・価格は妥当か、システムを分かりやすく記載しているか

・伝えたいポイント、目的は明確になっているか

・ツールの選定は間違っていないか

これらの事をもう一度チェックして整理してみましょう。

マーケティングのためのWeb、DTP、動画活用!

安全性のアピールは必須!!

ただ単純に、ネット上で野菜などの写真をアップして、販売するだけでは消費者は購入に躊躇してしまいます。
一番の理由は「安全性に不安がある」からです。
口に入れて食べるものですから、本当に安全なのか?どれくらい安全性がチェックされているのか?など、このような消費者の不安や疑問を予め解消してから販売する必要があります。
農林水産省が発行している有機JASマークなどを取得して、安全性をアピールするなどして、安全性をアピールしましょう。
また、「無農薬」などの文言も非常に大事です。偽りはいけませんが、どのように栽培してきたのかというような事などをしっかりと分かりやすく明記して販売しましょう。

Web制作(ホームページ制作)
制作のみ
100,000円〜
月額保守契約
※更新、修正含む
月額15,000円〜※制作費別途お見積もり

農作物販売向けのDTP制作

農作物販売でよく使われているDTP関連物は下記のようなものがあります。

◆内容◆

・ポスター

・チラシ

・パンフレット

・リーフレット

・名刺、ショップカード

・POP

・はがき

・のぼり

・各種看板デザイン

その他

Itd-Doorでは動画制作も承っております。文字や写真でなく、動画でサービスPRを行う事で、より直感的に分かりやすく伝える事ができます。また、動画編集のみなども承っております。

◆内容◆

・農作物紹介動画制作

※詳細をヒアリングした上でお見積もりを作成いたします。
上記に記載されているもの以外でも「こういうのは作れないの?」などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

ホームページ
に関して疑問がございましたら、アイティーディードアーまでご連絡ください。お客目線でお話を致します。

受付時間
平日10:00~20:00