和食/日本料理店向けJAPANESE FOOD

和食/日本料理店のWeb制作、DTP制作

和食の魅力を伝える為に

経営するお店のターゲット層はどのようなターゲット層でしょうか?
和食、日本料理店というジャンルは比較的に年齢層が高めだったり、家族などで訪れる方が多いのではないでしょうか。来店するお客さんの予算も割と多めだと想定されます。全てのジャンルに共通して言えることですが、先ずはおおよそ決まっているターゲット層に来店してもらえるように、宣伝する必要があります。

ではどのようにしてターゲット層にアピールしていくのか?とにかくお店を知ってもらえないとお客さんは来店しないわけですから、チラシを作って配布したり、呼び込みをしたり、CMを流したり、ホームページやネット広告などのWebを使ったり等、様々な手法がありますが、予算によって、できる事は限られてきますよね。
Itd-Doorでは、予算内で最大限に効果を出せるようにご提案させていただきます。

和食/日本料理店向けWeb制作、運用、DTP作成、活用方のご提案

WebやDTPを使った広告宣伝・販売促進方法

・ホームページを作成する(お店のこだわりがシッカリと伝わるもの)

・チラシ類(配り先まで想定した上で作りましょう)

・名刺(ショップカード)

・フリーペーパーなど雑誌への広告掲載

・看板

・TVコマーシャル


主に上記のような方法があります。
「全部やっているよ!」という方は、恐らくいないでしょう。これら全てをやっているのは大手でチェーン展開しているようなところのみです。

WebやDTPを制作する前のチェックリスト

・集客したいターゲット層は明確になっているか
(新規客向けなのか既存客向けなのかなど)

・セールスポイントは何なのか

・他店と差別化が出来ているか

・見た時にお値打ち感や魅力を感じるか

・ゴールは定まっているか


これらの事をもう一度チェックして整理してみましょう。

和食/日本料理店向けの
見る人を意識したWeb制作DTP制作

どのようにして見てもらうかまで考えましょう

上記にも記載した通り、和食・日本料理のお店は年齢層が高めだったり家族で来店されるお客さんがターゲットではないかと想定されます。
今や年代に関係なくWebを利用している時代です。但し、若年層と違ってWebを利用する時間は比較的短いという統計が出ています。なのでポータルサイトへのお店の広告掲載は効果が出にくいといった傾向もあります。お店のホームページなどはお店のコンセプト、雰囲気などを分かりやすく伝え、食事の素材や、コース、電話番号、地図などポイントを突いた点をピックアップして簡潔に伝えるように心がけると良いでしょう。また、見る人に「見やすい」ものを制作しましょう。例えばスマホでPCサイトを見ると、文字が小さく見にくいと感じられてしまいます。このような細かな点に気を配ることはサービスの一環ではないでしょうか。
このような点にも気を配りつつ、他店との違いを明確にし、差別化を図りましょう。和食・日本料理の一番の良さは、旬の食材を利用したメニューの提供だと思います。お客さんに四季を感じさせるメニューを提供する事は、食の楽しさにつながります。

和食/日本料理店向けのWeb制作料金表

Web制作(ホームページ制作)
制作のみ
100,000円〜
Web制作(ホームページ制作)
月額保守契約※更新、修正含む
月額15,000円〜※制作費別途お見積もり

和食/日本料理店のDTP制作

和食/日本料理店でよく使われているDTP制作は下記のようなものがあります。

◆内容◆

・メニュー表

・チラシ

・ポスター

・パンフレット

・フライヤー

・POP

・ショップカード(名刺)

・はがき

・ラベル

・のぼり

・シール、ステッカー

・各種看板デザイン

・マニュアル

その他

デジタルサイネージ用動画制作なども承っております。店頭に店内風景やメニューなど、動画を活用することで訴求力がアップします。また、動画はホームページにも活用できますし、YouTubeなどへアップするなど、様々な活用方法があります。

◆内容◆

・PR動画制作

・Tシャツデザイン

・オリジナルタオル

※詳細をヒアリングした上でお見積もりを作成いたします。
上記に記載されているもの以外でも「こういうのは作れないの?」などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

ホームページ
に関して疑問がございましたら、アイティーディードアーまでご連絡ください。お客目線でお話を致します。

受付時間
平日10:00~20:00