ランディングページ制作LP

ランディングページはネットからの集客が出来る飛び道具

ライティングは最重要事項!!

ランディングページ作成の際の最重要事項とも言えるのが、ライティング(コピーライティング)です。
ランディングページの構成やキャッチコピー、ターゲット設定などなど色々とありますが、これも全てコピーライティングに含まれます。
デザインに関しても、テキスト文章がないと想像もできないので、写真や図、イメージなどを作成することができません。
つまり、ランディングページはライティングされた文章がないと作成できないのです。
ここがしっかりとした構成内容になっているかどうかでランディングページの善し悪しが決まると言っても過言ではありません。

そんなランディングページのライティングを作成する際の注意点をいくつかピックアップします。

ライティングは最重要事項!!

ライティング時の注意点

・同業他社の文章を真似をしない

・ユーザーの悩みや課題の解決策を書く

・ユーザーの関心を惹くようなキャッチ&セールスコピー

・簡潔で明瞭なキャッチコピー

・長文になりすぎない

主に上記のような点に注意してライティングする必要があります。

ユーザーを惹き付けれるかどうかはライティング次第!

ライティングに最適な文章構成

ライティングをする際に最適な文章構成は大きく3つに分けることができます。
【タイトル(キャッチコピー)】→ユーザーの興味、関心を惹き付ける
【本文】→読者の共感・信用を得る部分
【クロージング】→ユーザーに行動(購入やお問い合わせなど)させる部分
主にこの3つに分けることができ、それぞれ、ランディングページのライティングをしていく上で必須な要素です。
特にタイトル(キャッチコピー)は、ユーザーの一番最初に目に付くところなので、このタイトル(キャッチコピー)を見て、興味や関心を抱かなければ、以降はまともに見てもらえる確率は一気に下がります。
統計データの中には全体の約8割が、タイトル(キャッチコピー)を見て、本文を読むかどうか判断しているといったデータもあるほど、タイトル(キャッチコピー)は重要なものなのです。
そこから、ユーザーに対して問題提起を投げかけ、問題に対する解決策を提示。
しかし、現時点ではユーザーも決め兼ねている段階なので、具体的な数字や実績を示して、「信頼感」「安心感」を与えましょう。
ここまできたら、クロージング!
要するに購入しませんか?という投げかけですね。一連の流れを得ているので、ユーザーも真剣に検討します。
その段階で希少性を持たせるように見せることで、ユーザーに決断を迫ります。
もちろん、ここで成功しない場合もあるでしょう。しかし、これは悩んでいるユーザーに「買う切っ掛け」を与えることは必要です。
このようにライティング(コピーライティング)をしっかりと考えてランディングページを作成することで、格段にランディングページの効果を高めることができるのです。

ランディングページ制作料金

ランディングページ制作
  価格 納期目安
LPサイト制作(約A4サイズ2P)
デザイン+コーディング
¥70,000~ 1週間
画像・テキストありの価格帯
LPサイト制作(約A4サイズ4P)
デザイン+コーディング
¥120,000~ 2週間
画像・テキストありの価格帯
レスポンシブLPサイト制作
デザイン+コーディング
¥100,000~ 2週間
対応端末などご相談ください
LPサイト制作(素材無し)
デザイン+コーディング+ディレクション
※お見積り ※要確認
ディレクション費(総制作費用の20%)
LPサイト デザイン制作のみ ¥50,000~ 1週間
LPサイトデザインのみの料金です
メールフォーム設置(5項目まで) ¥30,000 3日
PHPで制作されたフォームになります

※その他、Java Scriptの設置などはご相談ください。
※表示金額は全て税抜価格となります。

※Itd-Doorではライティングのみ、ライティングも含んだランディングページを制作しております。
しっかりとユーザのことを考えた設計、デザインにて訴求力のあるランディングページを制作いたします。ご質問等ある場合はお気軽にお問い合わせくださいませ。

ページの先頭へ

お問い合わせ

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

ホームページ
に関して疑問がございましたら、アイティーディードアーまでご連絡ください。お客目線でお話を致します。

受付時間
平日10:00~20:00