鍼灸院向けSHINKYU

ピンチはチャンス!鍼灸院のWeb、DTP活用術

鍼灸院は広告規制によって集客面で不利

鍼灸院で広告をしようと思うと、壁になるのが法律(あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律)ではないでしょうか。いわゆる「あはき法」と呼ばれているものです。
逆に民間資格の整体や、カイロプラクティックなどは基本的にはこのような広告規制がありませんので、理不尽を感じている方も多いはず。こちらの法律が出来たのを調べてみると、昭和22年12月20日の昭和23年1月1日施行との事だったので、いい加減にこの法律を多少なりとも改正して欲しいものですよね。

しかも、法律も曖昧なところがあり、保健所の見解も統一されていないという背景もあります。それに加え、非常に細かく「この言葉はダメ」「この言葉は大丈夫」などと面倒な事が様々あります。Itd-Doorでは、ホームページ作成の際には、このような事もしっかりとクリアにした上で対応した上で集客のご提案をさせていただきます。全て一任してお任せください。

鍼灸院向けのホームページ制作

ホームページやDTPを使った広告宣伝・販売促進方法

・ホームページを作る

・地域系ポータルサイトに掲載する(エキテン等)

・チラシ、回数券

・名刺(診療券、診察券)

・フリーペーパーなど雑誌への広告掲載(広告規制に注意!)

・看板

・動画紹介


主に上記のような方法があります。
鍼灸院ですと、チラシなどよりもホームページなどのインターネットを活用した集客が効果的です。

ホームページやDTPを制作する前のチェックリスト

・集客したいターゲット層は明確になっているか
(新規客向けなのか既存客向けなのかなど)

・広告制限に引っかかるような文言が入っていないか

・ライバル治療院よりも勝っているところはどこか

・なぜ今の患者さんは自分の治療院に通ってくれているのか理解しているか

・目標、目的は定まっているか


これらの事をもう一度チェックして整理してみましょう。

鍼灸院
集客のためのホームページ制作、DTP制作

ターゲットに的確に訴求し、地域No1のお店に!!

鍼灸院は他治療院と比べるとやや、料金が高めだったりするので、集客に苦労されている治療院も多いかと思います。上記で述べた広告規制もありますが、他にも鍼灸では保険が有効な疾患が限られていて、しかも医師の同意書が必要になるなどがあります。しかも、一旦、鍼灸の治療を始めると、病院での治療を終了する必要があるなど、非常に不利な点が多いです。
しかし、鍼灸院だからできること、自分だからできることというのがあるのではないでしょうか。ここを真剣に考え、丁寧に分かりやすく発信し続けましょう。「なぜ鍼灸を受けると良いのか」「今受けないといけないのか」「自分ならどのように治療するのか」これらを理解してもらわない限り、集客は難しいでしょう。ホームページは24時間働く営業マンとも言われています。ホームページやチラシなどで鍼灸の魅力を伝えましょう。鍼灸院は看板や、チラシなどよりもホームページでの集客が有効です。ただし、広告制限があるので、文言には注意が必要がありますが、その点についてはItd-Doorにお任せください。

Web制作(ホームページ制作)
制作のみ
100,000円〜
Web制作(ホームページ制作)
月額保守契約※更新、修正含む
月額15,000円〜※制作費別途お見積もり

鍼灸院向けDTP制作

鍼灸院でよく使われているDTP制作は下記のようなものがあります。

◆内容◆

・メニュー表

・チラシ

・ポスター

・パンフレット

・フライヤー

・POP

・ショップカード(名刺)

・はがき

・回数券

・のぼり

・診察券

・各種看板デザイン

その他

デジタルサイネージ用動画制作なども承っております。待合室などに設置したモニターなどに動画を流したりすることで、待ち時間に商品やサービス、旬の情報などを表示することできます。また、YouTubeなどに鍼灸院の紹介などへの活用も可能です。

◆内容◆

・PR動画制作

・オリジナルタオル

※詳細をヒアリングした上でお見積もりを作成いたします。
上記に記載されているもの以外でも「こういうのは作れないの?」などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

ホームページ
に関して疑問がございましたら、アイティーディードアーまでご連絡ください。お客目線でお話を致します。

受付時間
平日10:00~20:00