耳鼻科向けOTORHINOLYNGOLOGY

耳鼻科向けのホームページ制作

耳鼻科向けのホームページ、ロゴ、
看板、パンフレットを利用した売上・認知度UP方法

潜在的な患者数は300万人!?

「無呼吸症候群」と呼ばれる人の数は200万とも300万とも言われています。
中には気付いていない人も多くいるでしょう。そして、耳鼻科に行くべきだということを知らない人も多いのです。無呼吸症候群は一歩間違えば「命」に関係する非常に危険な症状です。
このようなことを教えてあげるのも専門家の役割だと思います。気付いて気になった人は色々と調べて、近くの耳鼻科に行くはずです。

しかし、この時にネット上でも出てこなかったり、認知度が低いと、まず患者さんは来院しません。
「無呼吸症候群」はあくまでも一つの例です。他にも様々な症状で苦しんでいる人を助けるためにも、しっかりと医院の場所を知ってもらうようにホームページなどを作ってすぐに見つけられるようにしましょう。
ただし、広告規制があるので、誇大広告は出来ません。
このような言葉は大丈夫?どういう方法がある?など何でも構いません。お気軽にご相談くださいませ。

耳鼻科向けのホームページ制作

耳鼻科向けWeb、
チラシ等のDTPを使った集客方法

・ホームページを作る

・リスティング等の広告を利用する

・SNSを利用する

・ブログをやる

・チラシを作る

・パンフレットを作る

・名刺、診察券を作る

・ポスティング(開業前)

・フリーペーパーや雑誌への広告掲載

・動画紹介


主に上記のような方法があります。
ホームページ等へはスマホからのアクセス増加が予測されるため、スマホにも対応したホームページ制作を意識しましょう。

耳鼻科向けWeb、
販促物を使った広告宣伝・販売促進をする前のチェックリスト

・広告の規制に引っかかるような文言などではないか

・競合店と比べて、料金、サービスはどうか

・同業者と比べた時の優位性が明確かどうか

・同業者との差別化は明確になっているか

・集客ツールの選定は間違っていないか


これらの事をもう一度チェックして整理してみましょう。

認知度UP、
作業効率UPのためのWeb、DTP活用!

専門用語はなるべく使わず噛み砕いて!

ホームページ等のWebを活用したり、パンフレットやチラシ等を作成する一番の目的というのは何と言っても「来院してもらうため」だと思います。
始めて来院する患者さんの心境を考えてみると分かるのですが、「初めて=不安」なのです。
その不安な気持ちを取り除いてあげるためのツールとしてもホームページは有効です。チラシ等の紙媒体では書けることも限られていますし、それはそれで別の目的で作成すると良いでしょう。
患者さんが不安に思うことを真剣に考え、受診のハードルを下げてあげることが大切です。
そのようなことを意識して、専門用語は最低限度にして、なるべく噛み砕いて説明するようなホームページの方が患者さんにとっては分かりやすいし、来院もしやすく感じるでしょう。
また、既存患者さんにも度々ホームページを見てもらいような工夫をし、何かあったら来院してくれるような工夫も大切です。
ホームページ等のWeb制作からオリジナルのシステム制作、ネットを使った集客まで幅広く、ご相談に乗ります。どのようなことでもまずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

Web制作(ホームページ制作)
制作のみ
100,000円〜
月額保守契約
※更新、修正含む
月額15,000円〜※制作費別途お見積もり

耳鼻科向けDTP制作

耳鼻科向けでよく使われているDTP制作は下記のようなものがあります。

◆内容◆

・チラシ

・ポスター

・パンフレット

・リーフレット

・POP

・名刺、診察券(診察カード)

・はがき

・のぼり

・オリジナルグッズ

・各種看板デザイン

その他

Itd-Doorでは動画制作なども承っております。文字や写真でなく、動画で医院を紹介する事で、より分かりやすく直感的に伝える事ができます。また、動画編集のみなども承っております。

◆内容◆

・医院PR動画制作

※詳細をヒアリングした上でお見積もりを作成いたします。
上記に記載されているもの以外でも「こういうのは作れないの?」などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

ホームページ
に関して疑問がございましたら、アイティーディードアーまでご連絡ください。お客目線でお話を致します。

受付時間
平日10:00~20:00