SEO対策SEO

SEOにおける基礎知識

SEOにおける基礎知識を解説!

SEOでよく使われる用語

SEOに関することを調べている時に、当たり前に使われているけど、実際にこれってどういう意味?と疑問に思う言葉なども様々あるかと思います。
そのような時に役立つSEOでよく使われる用語についてピックアップし、説明いたします。

SEOでよく使われる用語

SEO用語集

・ロングテールSEO
特定のキーワードでなく、関連する様々なキーワードからWebサイトへの流入を図るためのSEOの施策。
サイト1つに対して、2,3個のキーワードで集客を狙わずに、50ページあったら50ページそれぞれでキーワードを選定するようにしましょう。
このようにすることで、思わぬところからWebサイトへ流入することが増え、安定したアクセスを得ることができます。

・ビッグキーワード/スモールキーワード
ビッグキーワードとは、検索数が多いキーワードのことで、スモールキーワードとは検索数の少ないキーワードのことを指します。
例えば、「東京 居酒屋」というキーワードで検索したとして、東京にある居酒屋というのは複数あります。その中から、上位表示をさせるのは非常に困難な事です。このようなワードをビックキーワードと言います。
逆に、「東京 焼き鳥 中野」とうワードで検索したとすると、中野にある焼き鳥屋さんという検索ワードでの検索となるので、対象枠も狭まります。
このようなキーワード選定のことをスモールキーワードと言います。

・アルゴリズム
検索エンジンでのアルゴリズムというのは、特定の検索要求に対してインデックスの中にある文書をランク付けして関連性の高い順番に表示する方法を定めたものを言います。
Googleの検索エンジンのアルゴリズムが変更されたなどと言われるのは、ランク付けの法則が変わったというように理解しましょう。

・H1
htmlに使われるタグの1つで、内部SEOにおいて、titleの次いで重要な要素です。
h1はページの見出しになる部分となり、検索エンジンに重要なテーマとして認識されるものです。

・オーガニック検索
「オーガニック=自然」という意味があるので、通常の検索エンジンの検索で表示される、広告枠を除く部分のことを言います。
広告枠のところは主にリスティング広告などと呼ばれています。
SEO対策は、このオーガニック検索に対しての検索順位をあげるものになります。

・リンク切れ
リンク切れは、そのままの意味で、リンクの遷移先がつながっていないなどの理由で、エラー(404エラー)の状態のことです。
このリンク切れが多く発生すると、ユーザーにとって使い勝手の悪いサイトになってしまうので、検索エンジンからの評価も下がってしまいます。
リンク切れには注意が必要です。

・パンくずリスト
略して「パンくず」などと呼ばれたりもしますが、これは、ユーザーが今どこにいるのかを分かりやすく表現するために、サイトの階層順にリストアップしてリンクを設置したリストのことを言います。
多くのサイトではコンテンツの最上部に記載されることがほとんどです。
ユーザーにとって非常に分かりやすいものですし、パンくずリストは、あるのとないのとでは検索エンジンの評価が違ってきます。

・ハブ
SEOにおける意味としては、「優良サイトへのリンクを持つ」という意味があります。
ハブサイトは、ユーザーにとっては役立つものですし、それらのサイトからより多くのリンクを受けているWEBサイトは非常に価値の高い情報を発信しているので、検索エンジンからの評価も高くなる可能性もあります。
良質サイトへのリンクを沢山持ったハブサイトを作成し、自社サイトの評価を上げるなどするのもSEO対策の一つです。

・URL正規化
何等かの事情によって、複数のURLに同一のコンテンツが存在していることがあります。
そのような際に、正規のURLを検索エンジンに対して提示することを指します。
なぜ、このようなことが必要になるかというと、重複コンテンツは検索エンジンからペナルティーを受ける恐れがあるからです。

・robots.txt
検索エンジンのクローラーに対してWEBページへのアクセスを制限するためのファイルです。
このファイルにはロボットに向けた命令文を記載することができ、検索エンジンのクロールを拒否したい場合などに用いられます。
ただし、命令を下したからと言って100%、その命令通りに従うとは限らないので、注意が必要です。

上記はあくまでも一部です。

知っているのと知らないのとでは大違い

少しずつ覚えていくことでウェブマスターに!

SEO対策の用語はそれぞれに深い意味を持っており、その用語を覚えたからと言って、SEOの知識が急につくわけではありません。
しかし、少しずつ覚えていくことで、点と点がつながり、線となるのです。
SEOを制するものはWebを制します!!

SEO対策で覚えておきたい十箇条

SEO対策
  価格 期間
サイトコンサル ¥50,000 -
※サイトを分析し、今後の方向性を決めます
サイト内部対策 ¥50,000~ -
※SEOに最適な内部対策を施します
ページ制作 月/¥50,000~ ※三カ月~
※対応キーワードのページを作成します
サイトアクセス解析 月/¥10,000~ ※三カ月~
※一月に一度アクセス解析をお届けします

※SEO対策は、内部対策が基本となります。検討されている方は、一度、ご相談ください。
※表示金額は全て税抜価格となります。

ページの先頭へ

※Itd-DoorではSEO対策を承っております。
内部的な対策、コンテンツの作成までを承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせ

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

ホームページ
に関して疑問がございましたら、アイティーディードアーまでご連絡ください。お客目線でお話を致します。

受付時間
平日10:00~20:00