SEO対策SEO

SEOを行う上のでの基本中の基本!!H1タグとtitleタグとdiscriptionをチェックして!!

H1タグとtitleタグとdiscriptionをチェックしよう!

SEO対策は根本部分からチェック

SEO対策における基本的で最も大事な要素として「h1タグ」「tittleタグ」「discription」という、3つの主要htmlがあります。
特にtittleにキーワードが入っていなかったりすれば、SEOにおける効果というものはほとんどないと言っても過言ではないほど、重要な要素の一つなのです。
当然、これだけ大事なところですので、しっかりと対策したいキーワードを入れているところがほとんどだと思います。
しかし、ただ入れているというだけのところも数多く見受けられます。

どういうことかと言うと、これらの「h1タグ」「tittleタグ」「discription」それぞれで、適切な入れ方というのがあるのです。
それではそれぞれ、どのように入れるのが最も適切なのか?
下記にそれぞれの役割や特徴について解説するので、しっかりと理解してください。

SEO対策は根本部分からチェック

「h1タグ」「tittleタグ」「discription」の特徴と役割

・「h1タグ」
ページにおける大見出し。
特徴として、SEOへの影響力が多きい箇所で、文字数に制限はありませんが、長過ぎると効果が薄れると言われています。SEOしたいキーワードは一つだけ入れ込むようにしましょう。

・「tittleタグ」
その名の通り、ページのタイトルで、検索エンジンでの検索結果に表示される部分です。
検索エンジンが最重要視する要素でもあり、ここにキーワードが入っていない場合は、悲惨な状況と言えます。

・「discription」
ページの説明文。検索エンジンでの検索結果の下に表示されるページ概要が記載されている部分です。
順位そのものには大きく影響を及ぼさないが、この部分を見てクリックするユーザーも多いため、大事な要素。
文字数は80〜120文字程度が良いとされ、検索エンジンでの検索結果部分に表示される文字数はMAX120文字となります。

上記の特徴と役割をしっかり覚えておきましょう。

キーワードを必ず入れ込め!

それぞれのページで違う内容を記載するのがベスト

この3つの基本タグには必ずキーワード入れるようにしましょう。
ただし、むやみやたらに入れてはいけません。
1つ入れてあれば問題ありません。
それぞれのページで考えるのはページ数が多ければ多いほど大変になりますが、その部分をしっかりとやるか、楽をするかで結果は大きく変わってきます。
このような細かいことを地道にやっていくことの積み重ねが、結果的に検索エンジンからの評価を高め、サイトの価値を高めることにつながるのです。
もっと詳しく聞きたい、設定を依頼したいなどのご相談も承っておりますので下記お問い合わせからご連絡ください。

SEO対策で覚えておきたい十箇条

SEO対策
  価格 期間
サイトコンサル ¥50,000 -
※サイトを分析し、今後の方向性を決めます
サイト内部対策 ¥50,000~ -
※SEOに最適な内部対策を施します
ページ制作 月/¥50,000~ ※三カ月~
※対応キーワードのページを作成します
サイトアクセス解析 月/¥10,000~ ※三カ月~
※一月に一度アクセス解析をお届けします

※SEO対策は、内部対策が基本となります。検討されている方は、一度、ご相談ください。
※表示金額は全て税抜価格となります。

ページの先頭へ

※Itd-DoorではSEO対策を承っております。
内部的な対策、コンテンツの作成までを承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせ

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

ホームページ
に関して疑問がございましたら、アイティーディードアーまでご連絡ください。お客目線でお話を致します。

受付時間
平日10:00~20:00