薬局向けDRUG STORE

規制緩和で販路拡大!?薬局のWeb活用術

右肩上がりで年々上昇!ドラッグストアの市場規模!

薬局の需要は無くなる事はありません。
地方では、食品や日用品なども揃った大型店舗が次々に出来ており、需要がある事も店舗の数が増大している一つの要因です。
もう一つの大きな要因としては、ネットでは薬の販売に規制がある事です。

テレビなどでは、ネットでも薬が購入できるような動きがある事なども取り上げられていますが、規制緩和されたとしても、一部のもので、全てのものが規制緩和されることはないでしょう。
このような事情もあって、Webを駆使するというよりかは、チラシなどの新聞織り込みなどの手法が多く利用されているのが現状です。

薬局向けのWeb、DTP、動画活用のポイント!

ドラッグストアのECサイト制作時のポイント!!

・新商品や限定商品などはバナーで告知

・季節毎の売れ行き商品をTOPページに表示

・店舗と連動のポイントカードシステム

・最近チェックした商品などの項目追加

・お悩み検索導入

・一定金額以上は送料無料

主に上記のような方法があります。
ホームページへはスマホからのアクセス増加が予測されるため、スマホにも対応したホームページ制作を意識しましょう。

リピートしたサイト設計を意識する

ドラッグストアのサイトに関しては、基本はECサイト(ショッピングサイト)になる訳ですが、どうしてもコスメ用品からサプリメントまで商品数が多くなります。
その際に見つけたい商品を見つけられないのでは購入が遠くなってしまいます。サイト内に検索機能をシッカリと盛り込む事でコンバージョンに繋がり、併せて商品名も分からないけど、お探しの商品があった際にお悩み検索などを作り配置しておけば、必要商品がスグ表示されユーザーの目的にスグ達する事でリピートに繋がります。

薬事法などの広告ポリシーを覚えて健全サイトへ

Webを活用し、差別化を図ろう!

上記でも触れた通り、薬事法の問題で、Webを駆使しての販売には制限があります。
そうなると、店舗周辺に住む人にいかに来店を促すかという事に力を注ぐことになります。
新聞織り込みで、広告の規制にかからないようなものを安くで販売するなどして来店を促し、会員登録などの特典を付けて顧客を囲い込むという手法を取っている店舗が多く見受けられます。
実際のところはまだまだマーケティングに鈍感な店舗が多いのも事実です。
どのような方法があるの?など疑問などありましたらお気軽にご相談くださいませ。

ドラッグストア向けお勧め機能及びシステム

ドラッグストアのWEBサイト制作時に必要になる、またはあると効果的に機能・システムをご紹介いたします。

◆内容◆

・検索機能

・会員登録機能

・各種バナー

・チェック商品機能

・ポイント管理

ドラッグストア向けWEB制作まとめ

WEB上であっても実店舗と変わらない内容を、サイト内に作り込んでおく事が非常に重要です。CMSで設計するのが基本となる為に、カテゴリー分け、売れ行きランキング、個人情報に関するSSL設定などを行う事でシッカリとした売り上げをあげる事が出来るサイト作りが可能になります。是非、制作の際はItd-Doorまでご相談ください。

※詳細をヒアリングした上でお見積もりを作成いたします。
上記に記載されているもの以外でも「こういうのは作れないの?」などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

ホームページ
に関して疑問がございましたら、アイティーディードアーまでご連絡ください。お客目線でお話を致します。

受付時間
平日10:00~20:00