リサイクルビジネス向けRECYCLE

ターゲットの思考を意識した買取、販売。リサイクルビジネスのWeb活用術

エコの考えからリサイクルビジネス近年急上昇!

グラフを見ても分かる通り、リサイクルビジネスはここ数年、急激に市場が拡大しています。
これは、景気悪化に伴って、消費者が、より安価なリサイクル品を求める傾向にあるというのも理由の一つです。
また、環境面での「エコ」という意識が消費者間でだんだん高まっているのも追い風となっています。

それだけの需要があるから市場規模も大きくなっているという事ですので、ホームページ等のを使って、全国に販売し、売上拡大できるようにしましょう。
店舗であれば近隣周辺にしか存在を知らせることができませんし、路面店は非常に参入が難しい事などから、Web活用は必須とも言えます。
Webに加えてチラシなどのDTPや、動画なども積極的に活用しましょう。

リサイクルビジネス向けのWeb、DTP、動画活用のポイント!

リサイクルビジネスはWEBでも強い!

リサイクルビジネスに関しては、売る、買うの2つだけでなく「貸す」の要素も含んでいます。
厨房機器や音楽機器などをレンタルなどをする事が出来ます。その際に店頭のみでの受付等では定休日や、対応時間等の関係で見込み客を逃してしまうかも知れません。
その際にWEB上などにシッカリと商品の現状の傷、状態や在庫の関係がある事を伝える事で、観覧ユーザーの後押しをする事が出来ます。

動画もアップで与える安心感

商品の状態、動きがある商品なら動きや音などリアル店舗に行かずとも伝える事が出来ます。現在は、youtubeなどもある事から、動画投稿が凄く簡単になりました。個人でも簡単な製品紹介動画なら撮影出来ますのでアップしては如何でしょうか?

リサイクルビジネスWEBに対する費用対効果

店舗重視 < Web重視

店舗運営+Web運用というのが一番理想的ではありますが、コストもそれなりに必要になります。
店舗が既にある場合は別ですが、これからどのようにしていこうかと検討中の場合は、Webに力を入れるようにした方が良いです。
市場規模も伸びている業界ですから、認知度を上げるためにSEO対策や広告出稿などは必須です。
やっているけど、あまり効果が出ていない。やろうとは思っているけど、ネットは苦手だし、不安。等々、何でもお気軽にご相談くださいませ。

他者に差をつけるWEB活用術

勢いのある業界ですから他社競合は非常に多いと思います。その中でぬきにでる為には一歩進んだWEB活用術が必要です。Itd-Doorが思う、リサイクルビジネスの一歩進んWEB活用術をご紹介します。

◆内容◆

・査定システム

値段の相場は、状況により変動するかも知れません。しかし、おおよその相場を知っておく事で他社で売ってしまったなどが減り自社のアピールに繋がると思います。

その他

出張買取サービスなどを行う事で、他社に差をつけましょう。
出張といっても何処でもやっている事なので、カレンダーシステムなどをWEB上に添付してユーザー側が都合の良い日の時間帯などをWEB上から確認出来る様に設計しておく事でサイトの離脱率を高めてコンバージョンに繋げましょう。

※詳細をヒアリングした上でお見積もりを作成いたします。
上記に記載されているもの以外でも「こういうのは作れないの?」などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

ホームページ
に関して疑問がございましたら、アイティーディードアーまでご連絡ください。お客目線でお話を致します。

受付時間
平日10:00~20:00