冠婚葬祭ビジネス向けCEREMONIAL

【業種別】冠婚葬祭ビジネスのWeb、DTP活用術

冠婚葬祭ビジネスのWeb活用は必須!!

冠婚葬祭ビジネスと言っても、様々な種類があります。
ただ、どの業種にも共通して言える事はWebがあるという事は絶対条件だという事です。
冠婚葬祭関係の背景を考えてみると、冠婚葬祭は遊びではありません。中には、対一人を相手にする場合もあるかもしれませんが、家族関係での依頼だったりする事が多いはずです。

そのような事を考えると、やはり冠婚葬祭ビジネスはイメージ(信頼感)は大切です。ホームページをしっかりしたもの準備しておけば、それだけで信頼感を得られる場合もあるでしょうし、様々な詳細情報を記載しておけば説明する手間も省けます。
ホームページを訪れるお客さんは優良な見込み客です。成約率も高めなので、それらの見込み客を逃さないためにも最低限、ホームページは制作しましょう。
DTP関連に関しては、パンフレットなどは必須です。お打ち合わせなどをした際に渡すように準備しておきましょう。

冠婚葬祭ビジネス向けのホームページ制作、
ロゴ制作、名刺制作、パンフレット制作をする前のチェックリスト

・サービスの詳細が第三者から見て、しっかり分かりやすい内容になっているか

書きたい事が多すぎて、結局何が言いたいのか分からなくなったり、逆に書きたい事が少なすぎたりすると訴求効果が出難くなります。ホームページ等のWeb制作や、DTP関連のものを作成する前には最低限、伝えたい要点をまとめておきましょう。

・作成目的をハッキリとさせる

ホームページやロゴ、名刺、パンフレットは何のために作るのか?
作成前に目的をハッキリとさせておきましょう。ホームページやロゴ、名刺、パンフレットはそれぞれバラバラのデザインで作るのではなく、きちんとデザインを統一して作成しましょう。
どのようなイメージのものが良いなど、事前に考えたり調べたりしておくと、スムーズに話が進みます。

・予算を明確にしておきましょう。

まず、おおよその予算の相場を把握した上で費用感を捻出し、それをもとに制作を依頼しましょう。
あれもやりたい、これもやりたい、となると、当然予算的な問題が出てくる場合が多くあります。ただ、事前に予算が決まっていれば、その中で制作するにはどうすれば良いか?というのをご提案することもできます。
その中で折衝し、制作を進めていくことも可能です。まずはお気軽にご相談くださいませ。

Itd-Doorから葬儀ビジネス向けホームページ、
ロゴ、名刺、パンフレットを利用した集客のご提案

各ビジネスに合ったご提案

業種によって制作目的も違うと思いますので、制作目的などをヒアリングをした上でホームページやロゴ、パンフレット等のご提案をさせていただきます。
これらのものは一度作ってしまうと後で変更をするのは容易ではありません。逆に一度しっかりとしたものを作ってしまえばずっと使い続けることができますし、大幅に何かが変わらない限りは微修正などで済む場合もあります。
業種別に分けてご説明しますので詳細はそちらからご覧ください。

業種別一覧

業種別に分けてご説明致しますので、をお選び頂いてご確認くださいませ

◆ジャンル◆

お問い合わせ

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

ホームページ
に関して疑問がございましたら、アイティーディードアーまでご連絡ください。お客目線でお話を致します。

受付時間
平日10:00~20:00