食品関連向けFOOD

【業種別】食品関連ビジネス関連のWeb、DTP活用術

食品関連のネット市場も拡大傾向!!

加工食品のネット販売は以前から多く見られましたが、最近では敬遠されがちだった生鮮品のネット販売も拡大傾向にあります。
これは、企業の試行錯誤で安全にお届けできるような方法が確立されていった事も一つの要因ですが、ネット通販が一般的になったという事も大きな要因の一つです。

食に関する、消費者のこだわりが強くなってきており、価格以外の安全性や、希少性に着目が集まっています。拡大傾向ではありますが、今後、更なる発展が期待できる分野ですので、今からの新規参入も遅くありません。

食品関連向けのホームページ、
ロゴ、チラシ、パンフレット、動画等を作成する前のチェックリスト

・ホームページや食品サイト等のWebを利用する場合

どんなサイトで、何の商品を売って、他とどのような違いのあるサイトを作成するのかをしっかりと考えましょう。
また、サイト作成後の運用方法も非常に重要です。大手食品サイトや、ネット市場に出店するのも一つの方法ですし、独自で食品サイトを作成するのも一つの方法です。
無料で使えて、サイトが作れるサービスを展開しているサービスなどもあります。しかし、そのようなサービスはサイトに独自性を出せなかったりなどの欠点も当然あります。
それに対して独自で開発する自社サイトでは、自由度の高いサイトを構築することが出来ます。
どのようなサイトを作成したいのか?という事をしっかり考えて予算との兼ね合いを見ながら決めましょう。

・多くの人が快適に見れ、アクセスさせる工夫を!

ネットによるいわゆるBtoC向けの市場は11.2兆円の超巨大産業です。
更なる成長も見込まれている分野ですから、常々、お客さんの事を考え、最大限、快適に利用できるように運営者側は心掛ける必要があります。
また、一度訪れたお客さんをどのように購入まで結びつけるか?どのようにサイトの事を知ってもらうか?など、サイト作成後の細かな戦略も必要です。
これらが全て、サイト作成の目的である「利益の拡大」につながるのです。

・紙媒体も効果的に使用しよう!

チラシやパンフレット等の紙媒体も効果的に使うようにしましょう。
商品発送と同時に送るなど、様々な方法があります。また、購入者だけが知れるキャンペーン情報など、商品購入+αの楽しみを与えるのも効果的です。
様々な販促ツールを効果的に使い、売上拡大、利益拡大につなげましょう。

Itd-Doorから食品関連ビジネスホームページ、
ロゴ、チラシ、パンフレット、動画等の有効利用のご提案

各ジャンルに合ったご提案

食品関連業界も、それぞれ、ターゲットが違ってくるはずですので、制作目的などをヒアリングをした上でホームページやロゴ、パンフレット、動画等のご提案をさせていただきます。
これらのものは一度作ってしまうと後で変更をするのは容易ではありません。逆に一度しっかりとしたものを作ってしまえばずっと使い続けることができますし、大幅に何かが変わらない限りは微修正などで済む場合もあります。
情報発信は常々していき、有効的に使いましょう。
ジャンル別にご説明しますので詳細はそちらからご覧ください。

お問い合わせ

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

ホームページ
に関して疑問がございましたら、アイティーディードアーまでご連絡ください。お客目線でお話を致します。

受付時間
平日10:00~20:00