• >
  • >
  • 介護、福祉系向けのホームページ、ロゴ、チラシ、パンフレット等のDTP、動画制作

介護、福祉向けCARE

介護、福祉系向けのホームページ、ロゴ、チラシ、パンフレット等のDTP、動画制作

高齢者増加で需要増!

団塊の世代が引退し、高齢者がこれからどんどんと増えていきます。介護や福祉系のサービスは主に高齢者を対象としたものが多いため、今後は益々、需要の増加が見込まれています。
需要の増加=人員不足という問題も出てくる可能性があります。現在ですら、人手不足が問題になっているところもあるので、人員の確保も今の内からしっかりと確保しておくことが重要です。

高齢者も趣味でインターネットを利用するケースが多くなっています。また、将来に備えて、今の内から準備をしておこうと考えている方も非常に多いのが現状です。
施設紹介やサービスの紹介をインターネットや、DTP関連物、動画などを使用して、多くの人に知ってもらいましょう。

高齢者増加で需要増!

ホームページ、ロゴ、
チラシ、パンフレット、動画等を作成する前のチェックリスト

・「誰に」「何を」「どのように」を明確に!

Webや、DTP、動画の全てに共通して言えることは目的をハッキリさせる事が重要だということです。
誰に、何を、どのように訴求したいのかを明確にして、具体的なイメージを持って制作するようにしましょう。
何となくあった方が良いから・・・などという目的ですと制作時に混迷したり、出来上がったものが、何を言いたいのかよくわからないものになってしまいます。
そのような事を避けるためにも、作成目的を明確にし、「誰に」「何を」「どのように」というところまでしっかりと考えましょう。

・コンセプトや独自性をハッキリとさせる

今後、更に施設が多くなったり、新たなサービスが登場する可能性が非常に高い分野です。
提供しているサービスは、具体的にどのような内容なのか?他とは何が、どう違うのか?それらを明確にしましょう。
お客さんは不安を抱いています。その不安を取り除いてあげれるような紹介の仕方をしましょう。そうすることで、お客さんの不安も少しずつ減っていき、次第に安心して頼むことにつながります。

・継続的な発信が重要

一時的に発信をしても意味がありません。その場限りの宣伝にはなりますが、認知度は広がりません。
継続的な発信は費用が嵩むのでは?と思っているかもしれませんが、ホームページであれば24時間、発信が可能です。また、求めている人が自ら閲覧しに来るので、非常に効果的に利用することができます。
ホームページや、DTPなどのチラシなどのDTP関連、動画などは目的を明確に設定して使用しましょう。

Itd-Doorから介護、福祉向けホームページ、ロゴ、チラシ、パンフレット、動画等の有効利用のご提案

各ジャンルに合ったご提案

介護、福祉業界も、それぞれ、ターゲットが違ってくるはずですので、制作目的などをヒアリングをした上でホームページやロゴ、パンフレット、動画等のご提案をさせていただきます。
これらのものは一度作ってしまうと後で変更をするのは容易ではありません。逆に一度しっかりとしたものを作ってしまえばずっと使い続けることができますし、大幅に何かが変わらない限りは微修正などで済む場合もあります。
情報発信は常々していき、有効的に使いましょう。
介護、福祉のジャンル別に分けてご説明しますので詳細はそちらからご覧ください。

お問い合わせ

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

ホームページ
に関して疑問がございましたら、アイティーディードアーまでご連絡ください。お客目線でお話を致します。

受付時間
平日10:00~20:00