自動車ビジネス向けCAR

【業種別】自動車ビジネス関連のWeb、DTP活用術

販売台数が上昇傾向!!

不況の影響もあり、自動車の販売台数は年々下降を続けていましたが、2013年頃から少しずつ上昇傾向にあります。
若者の車離れが叫ばれていますが、車は地方では移動手段として必須です。
車の販売台数増加=関連事業の売上増加です。
自動車関連のビジネスを取り上げたらキリがありません。自動車関連のビジネスは膨大な市場規模です。

とは言え、自動車業界未経験の方がいきなり起業・独立するのは危険がいっぱいです!
なかでもフランチャイズ(FC)に加盟すれば本部が色々と面倒をみてくれるだろうとFCに加盟してしまうのは安易過ぎるので止めましょう。
どちらにしても商品を販売するにあたって、広告は必須です。店舗を構えるのも一つの手段ですが、ネットショップで商品を販売するというのも一つの方法です。
商品や、サービスの紹介をインターネットや、DTP関連物、動画などを活用して宣伝し、多くの人に知ってもらいましょう。

販売台数が上昇傾向!!

ホームページ、ロゴ、チラシ、
パンフレット、動画等を作成する前のチェックリスト

・ターゲットをしっかり定めよう!

Webや、DTP、動画の全てに共通して言えることは作成目的をハッキリさせる事が重要だということです。
誰に、何を、どのように訴求したいのかを明確にして、具体的なイメージを持って依頼するようにしましょう。
何となくあった方が良いから・・・などという目的ですと制作時に混迷したり、出来上がったものが、何を言いたいのかよくわからないものになってしまいます。
そのような事を避けるためにも、作成目的を明確にし、「誰に」「何を」「どのように」というところまでしっかりと考えましょう。
具体的なイメージなどがあればあるほどクオリティーも上がり、制作期間も短く制作可能です。

・多くの人に見てもらえる工夫を!

どの事業もライバルは多くいます。自動車ビジネス産業はそれだけ巨大な産業です。
業界規模は52兆円との試算もあります。景気によって浮き沈みがありますが、明るい兆しが見え始めています。
また、自動車は世界中で利用されているものです。日本だけではなく、世界も市場なのです。
海外に販売できるようにするにはインターネットを利用すれば行えます。
扱っている商品等にもよるとは思いますが、海外でも良い場合は海外も見据えた展開を考えるのも一つの手法です。

・継続的な発信が重要

一時的に発信をしても意味がありません。その場限りの宣伝にはなりますが、認知度は広がりません。
継続的な発信は費用が嵩むのでは?と思っているかもしれませんが、ホームページ等のWebを利用すれば24時間、日本全国、世界中に発信が可能です。また、求めている人が自ら閲覧しに来るので、非常に効果的に利用することができます。
ホームページや、DTPなどのチラシなどのDTP関連、動画などは目的を明確に設定して使用しましょう。

Itd-Doorから自動車ビジネスホームページ、ロゴ、
チラシ、パンフレット、動画等の有効利用のご提案

各ジャンルに合ったご提案

自動車ビジネス業界も、それぞれ、ターゲットが違ってくるはずですので、制作目的などをヒアリングをした上でホームページやロゴ、パンフレット、動画等のご提案をさせていただきます。
これらのものは一度作ってしまうと後で変更をするのは容易ではありません。逆に一度しっかりとしたものを作ってしまえばずっと使い続けることができますし、大幅に何かが変わらない限りは微修正などで済む場合もあります。
情報発信は常々していき、有効的に使いましょう。
ジャンル別にご説明しますので詳細はそちらからご覧ください。

お問い合わせ

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

ホームページ
に関して疑問がございましたら、アイティーディードアーまでご連絡ください。お客目線でお話を致します。

受付時間
平日10:00~20:00