学校教育向けSCHOOL EDUCATION

保育園から大学まで教育機関のWeb活用術

特色を活かして魅力を最大限アピール!

少子化と呼ばれて暫く経ちますが、今も緩やかに子供の数は減少しています。
これは晩婚化や晩産化、女性の社会進出、など様々な理由が上げられています。
学校教育も時代と共に多様化しており、私立の学校や、独特の特色を持った学校が増えてきています。

学校の教育方針なども公立の学校は国の定めた教育方針を元にした指導になりますが、私立では様々な特色があります。
人気の私立学校は受験率が何倍にもなりますし、幼稚園でも面接などが必要な幼稚園などもあるのです。保護者の価値観も多種多様で、特に私立の場合は、いかに、ターゲットを絞って幼稚園や学校の魅力訴求できるかがポイントになります。
しかし、いくら良いホームページが作成できても見られなければ生徒も増えません。生徒数を増やす施策などもご提案させて頂きます。

特色を活かして魅力を最大限アピール!

WEBサイトを通して何を発信するのかを決めておこう!

・「誰に」「何を」「どのように」を明確に!

これらのものは制作目的をハッキリさせる事が重要です。
誰に、何を、どのように訴求したいのかを明確にして、具体的なイメージを持って制作するようにしましょう。
何となくあった方が良いから・・・などという目的ですと制作時に混迷したり、出来上がったものが、何を言いたいのかよくわからないものになってしまいます。
そのような事を避けるためにも、作成目的を明確にし、「誰に」「何を」「どのように」というところまでしっかりと考えましょう。

・コンセプトや独自性をハッキリとさせる

これは公立と私立で別れるでしょうが、公立であれば、地域の特色を活かしたホームページだったり、地域の人に見てもらった際に、分かりやすいホームページを意識するなどしましょう。
私立の場合は、学校の教育方針、進学先など、事細かに情報を記載する事が大切です。
なぜなら閲覧者の多くは教育を重視した保護者だからです。様々なデータがしっかりと載っていれば、それだけで保護者は安心します。また、入学を検討している保護者の方へのアピールにもなります。

・継続的な発信が重要

保護者向け、生徒向け、卒業生向け、地域の人々向け、など、多くの層に情報を発信する必要があります。
当然、ページ数なども多くなってくるかと思いますが、だからと言って複雑な構造であると、見ている人は訳が分からなくなり、迷子になってしまいます。
そのように、構造からシッカリと見直していく必要があるので、構造については早めに相談することをお勧めします。

ターゲットを考えた設計が必須!

各ジャンルに合ったご提案

学校によって、ターゲットが違ってくるはずですので、制作目的などをヒアリングをした上でホームページやロゴ、パンフレット、動画等のご提案をさせていただきます。
これらのものは一度作ってしまうと後で変更をするのは容易ではありません。逆に一度しっかりとしたものを作ってしまえばずっと使い続けることができますし、大幅に何かが変わらない限りは微修正などで済む場合もあります。
情報発信は常々していき、有効的に使いましょう。
学校のジャンル別に分けてご説明しますので詳細はそちらからご覧ください。

教育機関向け一覧

教育機関の業種別に分けてご説明致しますので、をお選び頂いてご確認くださいませ

◆ジャンル◆

お問い合わせ

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

ホームページ
に関して疑問がございましたら、アイティーディードアーまでご連絡ください。お客目線でお話を致します。

受付時間
平日10:00~20:00