• >
  • しっかり見てもらえる訴求力の高いポスターデザイン

ポスター制作時のデザインについて解説POSTER

しっかり見てもらえる訴求力の高いポスターデザイン

ポスターの役割とは?

目に留まるポスターデザイン

ポスターは街を歩いていると色々なところで見かけます。
ポスターは違和感などはないものの必ず歩いている人々の目に飛び込んできて、そして印象として脳に残るという役目を果たしています。特に、何度も何度も繰り返し見ることにより、より脳に記憶として残りやすくなる効果があります。
ポスターの役割としては、このように繰り返し人の視覚に訴えて脳に記憶として残すということが主となります。記憶に残るとどうなるのかといいますと、実際に売り場などでその商品を手にした時、あるいは見た時に「親近感」となって脳が感知し、その商品を肯定しやすくなるのです。

逆に全く知らない商品を見たとしても、殆どの方は親近感など持たないと思いますし、その商品に対して肯定もしないと思われます。
それに対し、ポスターで何度も見ている商品に関しては、その商品を「自分はこの商品を知っている」という風に肯定しますので、親近感を感じ購入に繋がっていくのです。
このように必ずしもイコールではありませんが、ポスターの効果として何度も目にするということから、そのポスターに載っているものに対して親近感や肯定という感情が生まれ、それにより注目度が高まったり、購買欲を高めたりすることが出来るのです。

目に留まるポスターデザイン

ポスター作成時のポイント

・見てもらう対象は誰なのか?

・伝えたいメッセージは一つにしよう

・人の目線を考えよう

・文字サイズ、レイアウトを適切に

・訴求したい内容が伝わるか、客観的に考える

主に見る人の視点に立って、上記の点を重点的に考えて作成しましょう。

作成依頼前に考えておくこと

・訴求したい内容

・用紙サイズ

・キャッチコピーの有無

・モノクロ、カラー、文字の大きさ、イラストの有無

このような点を依頼前に決めておきましょう。もし写真などを使用する場合は、写真の準備もしておきましょう。

ポスターの貼り方も大事

目線を意識して貼る

ベストな貼り位置は、人の目線より「少しだけ下」と言われています。
多くの人はちょうど人の目線がくる位置に貼るほうが親切では?と思うかもしれませんが、嫌でも視界に入る=見ろと強制されているような気分にさせるのでNGです。
また、反対に人の目線より高いところに貼るのも、見る人に威圧感を与えたり、首を疲れさせたりするので、良くありません。
「来客に、会社の特徴を印象づけたい」「取引先に、自社商品の特長をアピールしたい」。こんな場合は、必ず目に留まる会社の出入り口にポスターを貼るのがベストです。
社員のモチベーションアップが目的なら、タイムカードを押す場所、会議室の壁、ホワイトボードの横などが効果的です。

何カ所にも貼ろう

ポスターは訴求効果の高いアイテムです。

◆活用方法◆

・車両広告に貼る

・駅に貼る

・中吊り広告に出稿

・お店に貼る

ポスター制作料金

ポスター制作
  size デザイン価格 印刷単価
ポスターデザイン A2 ¥25,000 ¥15,000
A1 ¥30,000 ¥24,000
B3 ¥25,000 ¥12,000
B2 ¥30,000 ¥22,000
B1 ¥35,000 ¥36,000

※印刷単価に関しましては、10枚の料金になります。
※印刷のみのご注文は受け付けておりません。
※表示金額は全て税抜価格となります。

ページの先頭へ

※Itd-Doorでもポスターのデザインを制作しております。
「こういうのは作れないの?」などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

ホームページ
に関して疑問がございましたら、アイティーディードアーまでご連絡ください。お客目線でお話を致します。

受付時間
平日10:00~20:00