輸入代行ビジネス向けTRANSPORTATION

多国語サイトでビジネス拡大!輸入代行ビジネスのWeb、DTP活用術

輸入代行ビジネスを行う上で安心感が必須!!

輸入代行ビジネスと聞いて一般の人の頭に浮かぶのは大概がフワッとしたイメージのみで、詳細な事を知っている人は少ないでしょう。
また、ビジネスの特徴としては企業相手の取引がメインとなる事が予測されるため、しっかりと安心感を与えられるようなイメージは非常に重要です。

ネット通販市場の拡大により、より多くの個人や企業がECサイトを作成し、商品を販売しており、今後も増加するのは間違いないでしょう。
これはビジネス拡大のチャンスでもあります。
お互いに仕事ですと、やはり安心感のあるところに頼みたいと思うのが普通です。
しっかりと事業内容を説明してあるホームページ、パンフレットなどの作成は必須です。

輸入代行ビジネス向けのWeb、DTP、動画活用のポイント!

個人でもはじめる事が出来るのが輸入代行ビジネスの特徴

輸入代行ビジネスと聞くと、凄く敷居が高く感じてしまいがちですが、パソコン1つでも始める事が出来るのが輸入代行ビジネスの特徴でもあります。
輸入代行ビジネスと一言でいっても輸入代行を最初から最期まで行ってくれる業者から、お手伝いの範囲まで。細かな通関の事や発送手数料の事まで。

この様に覚える事が多いので、相場価格などもまだシッカリ安定していません。
そんな見えないお仕事だからこそ、信用や安心感が重要になります。
口頭やメールでお伝えするだけでは安心感は出ないと思います。ましてや個人で始めるにしてもWEBサイトが素人のお手製では、怪し過ぎて頼もうと思えません。その様な際に、シッカリとした情報を載せ集客に繋げるサイト制作をItd-Doorがお手伝いします。

決済方法は明確に記載しましょう

ユーザーが個人で輸入をしようとしていた際、どうしても不安になってしまうのが決済方法です。
とくに代金を支払ったのに商品が届かないなんて事や、届くのに時間が掛かってしまい不安になってしまう。
しかし、そこは代行業者は様々な決済方法などを用意しており、スピーディーに済ませてくれる。この様な事を、サイトにシッカリと記載する事が重要になってきます。
「発注から何日までに届きます。」などです。

他者や個人輸入と比べて自社の強みを比較でアピール

見る人のことをしっかり考えよう!

どのような国から、どのような商品をどのくらいの期間で輸入することができる。
これが依頼する人が気にする一番のポイントでしょう。
あとは、どれくらいの手数料が必要となるのかというところもポイントの一つです。
マーケティング面で言えば、SEO対策やリスティング広告などでの顧客集めが鍵になります。
これは専門的な知識が必要になりますし、一朝一夕で簡単にできる事ではありません。
ここをもっとこうしたい!こんなターゲットでビジネス展開を考えているんだけど・・・広告っていくらい?などのご質問など、何でも構いません。お気軽にお問い合わせ下さいませ。

WEBサイトに記載しておくべき項目

輸入代行ビジネスでよく使われているDTP関連物は下記のようなものがあります。

◆項目◆

・決済方法

・到着時間の目安

・関税関係について

・輸入できる商品

・輸入できない商品

・発注から到着までの流れ

・安全性の確認

・個人で輸入の際のリスク

輸入代行ビジネスのまとめ

上記の「WEBサイトに記載しておくべき項目」などで記載されている様に、一番になるのは不明点や、不安感をサイト観覧した際に無くす事です。サイト制作をお考えの際は、Itd-Doorから適切な内容・項目等をご一緒に提案させて頂きます。
ご相談、ご依頼の際はお問い合わせください。

※詳細をヒアリングした上でお見積もりを作成いたします。
上記に記載されているもの以外でも「こういうのは作れないの?」などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

ホームページ
に関して疑問がございましたら、アイティーディードアーまでご連絡ください。お客目線でお話を致します。

受付時間
平日10:00~20:00